広島県東広島市西条 ゆりの木歯科
ご予約・お問い合わせはお気軽に|広島県東広島市西条 ゆりの木歯科
託児ご利用の方はお電話にてご予約お取りくださいませ。
初めての受診の方のみインターネット予約対応。
診療時間 平日 09:00〜12:00 14:00〜18:00
 第1・3・5土曜日 09:00〜12:00 14:00〜17:00  第2・4土曜日 09:00〜12:00
休診日 水曜日・日曜日・祝祭日(※祝日のある週は水曜日も診療)
広島県東広島市西条 ゆりの木歯科
〒739-0043
広島県東広島市西条西本町
16-15
TEL/FAX 082-424-0228

Googleサイト内検索
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
低ホスファターゼ症(HPP)は、骨の強さや成長にかかわるアルカリホスファターゼ(ALP)という酵素(たんぱく質)の働きが弱いために起こる遺伝性の難病です。 主に骨がうまく育たないことによる骨格の異常や呼吸器障害、筋肉・関節症状、腎障害や神経系障害などがおこり、症状としては骨化不全、呼吸不全、体重増加不良、高カルシウム血症、けいれん、乳歯早期脱落などがあげられます。 5つの病型に分類され歯限局型は、一般的に乳歯の前歯は5・6歳頃から抜け始めますが、低ホスファターゼ症の子はそれより早く歯がぐらついたり、4歳以下で乳歯が抜けたりする場合が多く、歯の根が吸収せずに長いまま脱落してしまうのが特徴と言われています。 早期に病気を発見し、適切な治療を受けることが重要です! 5月14日(金)の午後は15時30分からの診療になります。 ご迷惑おかけしますが、宜しくお願いいたします。 | 活動報告 | 広島県東広島市西条 一般歯科、歯周病治療、小児歯科、ホワイト二ング、審美歯科、予防歯科|ゆりの木歯科
TOPページ > 活動報告

低ホスファターゼ症(HPP)

2021/05/06 13:32:01
低ホスファターゼ症(HPP)
低ホスファターゼ症(HPP)

低ホスファターゼ症(HPP)は、骨の強さや成長にかかわるアルカリホスファターゼ(ALP)という酵素(たんぱく質)の働きが弱いために起こる遺伝性の難病です。
主に骨がうまく育たないことによる骨格の異常や呼吸器障害、筋肉・関節症状、腎障害や神経系障害などがおこり、症状としては骨化不全、呼吸不全、体重増加不良、高カルシウム血症、けいれん、乳歯早期脱落などがあげられます。
5つの病型に分類され歯限局型は、一般的に乳歯の前歯は5・6歳頃から抜け始めますが、低ホスファターゼ症の子はそれより早く歯がぐらついたり、4歳以下で乳歯が抜けたりする場合が多く、歯の根が吸収せずに長いまま脱落してしまうのが特徴と言われています。
早期に病気を発見し、適切な治療を受けることが重要です!

5月14日(金)の午後は15時30分からの診療になります。
ご迷惑おかけしますが、宜しくお願いいたします。